Takizawa Enbujo Newspaper Reports

There were Takizawa Enbujo 2013 reports in the WS and newspapers this morning. I’ll try to tidy up some of the WS clips and share them either here or on Facebook later. Meanwhile, here are some pics of newspaper articles I found on Y!A.

chunichi sportshochi

news1 news2

Here are the Japanese articles for reference only.

From Sponichi:

タッキー魅せた!逆さつり太鼓&ハシゴ乗り「滝沢演舞城」初日

タッキー&翼の滝沢秀明(31)が8日、東京・新橋演舞場で、主演舞台「滝沢演舞城2013」の公演前に会見を行った。第1部のショーでは、逆さつりになっての太鼓演奏や、客席の上でのハシゴ乗りなど肉体を駆使したパフォーマンスを次々に披露。「演出が年々エスカレートして大変ですけど、見てる方に楽しんでいただけるのが一番」と充実した表情で語った。

第2部の源義経の生涯をテーマにした舞台では、弁慶役で京本政樹(54)が出演。長男でジャニーズJrに所属する京本大我(18)と親子初共演を果たしている。総合演出などを務めるジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が「この作品は弁慶役が大切」として政樹の起用を発案。政樹は13歳の時にジャニーさんにスカウトされた経験があることを明かし「このようなご縁をはじめ、息子との初共演にも深い運命を感じ、今回の出演をお引き受けすることになりました」とコメントした。

From Nikkan Sports:

京本政樹、タッキー主演舞台で親子初共演

滝沢秀明(31)が8日、前日7日に開幕した主演舞台「滝沢演舞城2013」(東京・新橋演舞場)を取材陣に公開した。06年に初演。歌舞伎座建て替え中は題名を変え、東京・日生劇場で上演された。「待ちに待ったという感じ。ああ久々に来たなと。新橋演舞場のために作った作品なのでやはりこの劇場が合います」。同所公演は4年ぶり。

日生劇場では封印してきた源義経の生涯を描く「義経」も4年ぶりに第2部で復活。壮大なドラマに仕上げるべく、武蔵坊弁慶役に京本政樹(54)が抜てきされた。京本の長男でジャニーズJr京本大我(18)も源頼朝の側近部下で後に義経に味方する真之介役で出演。親子初共演が実現した。

親子初共演は父親の政樹と総合演出などを手掛けるジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏(81)の発案で実現。政樹が経緯を文書で説明した。「13歳のころ、ジャニー喜多川さんにスカウトされ、4年間ほど東京と大阪を行き来しておりました。ジャニーズJrの息子、京本大我との初共演に深い運命を感じ、出演をお引き受けいたすことに相成りました」。座長の滝沢はその親子ぶりについて「感じないですね」。また「大我も(政樹に)敬語で話しています。大先輩と共演という感覚でしょうね」と話した。5月12日まで。

From Sports Hochi:

タッキー、4年ぶり新橋演舞場凱旋!逆さ太鼓で観客魅了

人気デュオ「タッキー&翼」の滝沢秀明(31)が主演し、7日に開幕した舞台「滝沢演舞城 2013」(5月12日まで)の会見が8日、東京・東銀座の新橋演舞場で行われた。2006年から続く人気シリーズ。歌舞伎座のリニューアル工事に伴い、演舞場が歌舞伎メーンに使用されていたこともあり、3年間は別の劇場で公演してきた。4年ぶりの“本拠地凱旋”となったタッキーは、十八番の「義経」や和太鼓のパフォーマンスなどで観客を魅了した。

4年ぶりにホーム・新橋演舞場に戻ってきたタッキー。「待ちに待っていました。『あぁ、来たな』と気持ちが良かった」と感無量の表情だ。

「和」をテーマに、タッキーがさまざまなパフォーマンスに挑戦する「―演舞城」。06年から4年間、演舞場で毎年、公演されていた人気演目だったが、今年4月に開場した歌舞伎座の工事のため、10~12年までは東京・日比谷の日生劇場で「滝沢歌舞伎」として上演されていた。

4年ぶりの凱旋となった今公演では、花道でのはしごのアクション、空中で180度回転し、真っ逆さまになりながら和太鼓を披露したり、と観客を圧倒。「(太鼓は)普通にたたくだけでも疲れるのに、逆さになって…腰だけで支えています。筋肉がモリモリになりました」と、出来栄えに自信を見せた。

タッキーが05年にNHK大河ドラマで主演、自身のライフワークともいえる「義経」も4年ぶりに上演する。過去、「関ジャニ∞」の大倉忠義(27)、「Kis―My―Ft2」の藤ケ谷太輔(25)が務めてきた弁慶を、今回はベテラン俳優・京本政樹(54)が演じる。京本の長男でジャニーズJr.の京本大我(18)も出演しており、父子の共演シーンも目玉の一つだ。

京本は大阪に住んでいた13歳当時、ジャニー喜多川社長からスカウトされ、約4年間、ジャニーズ事務所に通っていたという。今回、ジャニー氏からの出演オファーを「(ジャニーズとの)ご縁をはじめ、息子・大我との初共演に深い運命を感じ」快諾。「滝沢さんとの初の味方役での共演を本当に楽しみにしております」と語った。

京本親子、そしてタッキーの化学反応で新たな「―演舞城」の歴史がスタートする。

From Chunichi Sports:

待ってました、タッキー 「滝沢演舞城」4年ぶり開幕

人気デュオ「タッキー&翼」の滝沢秀明(31)の主演舞台「滝沢演舞城」が7日、改装工事が終わった東京・東銀座の新橋演舞場で4年ぶりに開幕。滝沢は8日、報道陣の取材に応じた。

2010年から昨年までは日生劇場に場所を移して、「滝沢歌舞伎」として上演。その経験を織り交ぜ、滝沢流の和の世界がさらにパワーアップして帰ってきた。第1部にはフライングや早替え、仮面、和太鼓などに加え、滝沢歌舞伎を盛り込んだ。第2部では、NHK大河ドラマ「義経」で演じた源義経の世界が4年ぶりに復活した。

8日の公演前に取材に応じた滝沢は「待ちに待ったというか、本当に楽しみにしていました。この作品は演舞場のために作ったものなので、演じていてとても気持ちがいいですね」とさわやかなスマイルを見せた。

真っ逆さまになって和太鼓をたたいたり、花道から2階の客席にかけられたはしごを登るなど、体を張った新たなパフォーマンスも見どころ。「リニューアルしたので、僕的にもいつも以上に気合が入って作りました」と胸を張った。

総合演出はジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(81)だが、発案や構成のほとんどは滝沢自身によるもの。喜多川社長は「日本は平和だと言われていますが、何が起こるか分からない今、滝沢はニッポンの心を自分の感覚で表現している。すばらしいですよ。もう僕の出番はなくなりましたね」と、演出家としても成長を続ける“座長”をベタぼめした。

さらに「この滝沢演舞城は何年も続いていくでしょう」とキッパリ。今月24日の昼公演でシリーズ上演350回を迎えるが、今後500回、1000回とタッキーワールドがさらに進化していきそうだ。

One Reply to “Takizawa Enbujo Newspaper Reports”

  1. Your web site was attacked by hackers. They published so many spammy liks to drop your site in Google search. Please remove all spammy links and save your site. Right click on any page of your site, view the source of page. Spammy links are at the bottom.

    Best wishes,

    Meliha

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.