“Takizawa Kabuki” first overseas show to be staged in Singapore!

I’m still on a high from yesterday, and now after hearing him say “Shingapooru” so many times in the WS clips, I can hardly breathe normally hahahaha. Okay, here are bits and pieces of information gathered from various sources.

takizawa kabuki 2015
04
06

Notes:

  • 2015 is a special year as it’s:
    • Takizawa Kabuki’s 10th Anniversary
    • Shochiku’s 120th Anniversary
    • Singapore’s 50th Birthday!
  • Tokyo shows @ Shimbashi Enbujo theatre, from 8th April to 17th May 2015.
  • 52 shows in Tokyo, including 500th show on 14th May 2015.
  • Kitayama Hiromitsu (Kis-My-Ft2) and Yabu Kota (Hey Say Jump) will be part of the cast for the Tokyo shows.
  • Cast for Singapore shows not confirmed yet.
  • Singapore shows @ Marina Bay Sands ‘Grand Theatre’, which has a seating capacity of 2,155.
  • About 10 shows in Singapore, from 18th to 23rd August 2015.
  • As Singapore is summer all year round, Takki would like to create snow, with the 4 seasons of Japan as a theme. The snow would not only be ‘seen’ but ‘felt’ as well.
  • Act 1 will be a digest of previous years highlights including Yoshitsune, Chushingura, Nezumi Kozo, and kabuki where he would ride on a huge crane (?), and Act 2 will be song & dance including the hadaka taiko!
  • The Singapore shows will be re-organised into a compact version of 1.5 hours (Tokyo shows are 2.5 hours).
  • As the official language in Singapore is English, the dialogue will be English-centred. Takki said he’ll write a fully-English song but as he’s bad with English (lol), he’ll do his best! (Ganbatte ne, Tono!)
  • Takki checked out the theatre himself in November last year, met up with the local staff and showed them videos of Takizawa Kabuki.
  • The sets and materials will be shipped over from Japan.

Newspaper reports:

newspaper1 newspaper2 newspaper3 newspaper4

From Sports Hochi:

タッキー歌舞伎、シンガポール公演!8月に雪降らせる「温度も感じて」

「タッキー&翼」の滝沢秀明(32)が17日、主演・演出する東京・新橋演舞場公演「滝沢歌舞伎10th Anniversary」(4月8日~5月17日)の製作発表を都内で行い、8月に6日間のシンガポール公演を行うことを明らかにした。ジャニーズの舞台作品が海外で上演されるのは初めてで、滝沢は「シンガポールで本物の雪を降らせる予定です」と意気込んでいる。

10年目を迎えた「滝沢歌舞伎」の製作発表で、滝沢が「初めての海外公演が決定しました。アジアのたくさんのファンが待ってくれている。ジャニーズのエンターテインメントを海外にどんどん発信していける公演にしたい」と誇らしげに報告した。

シンガポールのリゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」にある劇場「グランドシアター」(約2000席)で、8月18~23日の6日間公演。数年前から海外公演を模索し、数ある候補の中から建国50周年の節目の国であること、大掛かりな機材を持ち込める劇場であることを滝沢が現地を訪れ、確認した。

演目は、巨大なバルーンの鶴に乗るという日本の四季をテーマにした新作オリジナル歌舞伎と、過去の公演ダイジェストで構成予定。四季の冬の場面では、人工降雪機を使って客席に紙吹雪ではない雪を降らせ、夏の場面はお化けが登場する予定。また、字幕ではなく、英語中心のセリフという。

滝沢は「雪を見るのは初めてだと思う。見るだけでなく、温度も感じていただきたい。日本人の武器の和の文化を思い切り見せたい。フライングや衣装の早替えなど日本でやってるものはすべて持って行く」と力強く話した。

企画・構成・総合演出のジャニー喜多川氏は「成功してほしいし、成功すると思う。外国の厳しさも、タッキーだからこそ克服できると思う」と太鼓判を押す。ジャニーズの新しい歴史を切り開く期待と重圧。同時に背負う滝沢は「そういう機会に挑戦しなかったら、やる意味がない。スタートですよね。いい第一歩になれればいいなと思ってます」。シンガポール公演の成功が、世界進出の足がかりになる。

◆5月上演500回

滝沢歌舞伎は、06年に「滝沢演舞城」として新橋演舞場で初演し、フライングやイリュージョン、アクションなどを駆使したパフォーマンスと歴史絵巻で、09年まで4年間連続のロングラン上演を達成。10年から滝沢が演出も手掛け、東京・日生劇場で「滝沢歌舞伎」として12年まで上演。13年に新橋演舞場に戻って「滝沢演舞城」、14年にはタイトルを「滝沢歌舞伎」に統一した。今公演の5月14日に通算上演500回を達成することになる。

From Sanspo:

電撃発表!シンガポールで滝沢歌舞伎!!タッキー「雪を降らせます」

先駆けて上演される東京・新橋演舞場公演は、4月8日から5月17日まで。過去の名場面を集めた1部と歌やダンスの2部構成になる。1部で義経の立ち回りや空中浮揚の巨大鶴に乗った歌舞伎のほか、四季を感じさせる夏のお化けも登場。2部ではフライングや全員が裸の和太鼓演奏、歌などが見どころとなる。

シンガポール公演はコンパクトに再編成。公用語の一つが英語とあって、滝沢は「セリフは英語中心。全編英語詞の歌も作りますが、英語は苦手なので勉強します」と苦笑した。が、最後は表情を引き締め「2020年東京五輪が決まった今、この舞台が日本の伝統とジャニーズのエンタメをアピールするスタートになれば」と決意を語った。

From Sponichi:

滝沢歌舞伎シンガポール公演は“日本の四季”表現「雪降らせたい」

タッキー&翼の滝沢秀明(32)が17日、都内で、今年10周年を迎える主演舞台「滝沢歌舞伎」(4月8日~5月17日、東京・新橋演舞場)の製作発表を行った。席上、同作初の海外進出となるシンガポール公演を開催することを発表した。

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(83)が手掛ける舞台の海外公演は初めて。8月18日から23日までの6日間で10公演前後を、高級ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」にある同国最大規模の劇場「グランドシアター」(約2000人収容)で予定している。

フライングなどジャニーズ得意のパフォーマンスに、和や歌舞伎の要素を盛り込んだ舞台。以前から海外進出を熱望していた滝沢は「ようやく決まってうれしい」と大喜び。「ジャニーズのエンターテインメントを世界に広める公演にしたい」と意気込みを語った。

演出については「日本の四季を表現したい」と説明。「夏」はお化け、「冬」は雪の場面を取り入れる意向で「見るだけでなく、体感してもらいたい。シンガポールでは雪が降らないので、人工の雪を降らせたい」と構想を明かした。過去に上演した「忠臣蔵」「鼠小僧」などの演目や、「鶴」をテーマにしたオリジナル歌舞伎も披露する。

昨年11月には自ら劇場に足を運んで設備などを確認。現地スタッフにも会って滝沢歌舞伎の映像を見せた。滝沢は「相当やる気になってくれている。これならやれると確信した」と手応えを語った。セットや機材は全て日本から搬入する。

企画・構成・総合演出を務めるジャニー社長は「タッキーだから挑戦できること。それなりの経験はしている。外国で上演する厳しさは克服できる」と太鼓判を押した。

公演は約1時間半を予定。約2時間半で2部構成の国内公演を凝縮した内容になる。滝沢以外の出演者は今後決める。

From Nikkan Sports:

滝沢歌舞伎が10年目にシンガポール進出

滝沢秀明(32)の主演舞台「滝沢歌舞伎」が海外初進出することが17日、分かった。都内で制作発表が行われた。「滝沢歌舞伎10th Anniversary」として8月18日から23日まで6日間、シンガポールの高級ホテル「マリーナベイサンズ」のグランドシアターで上演される。ジャニー喜多川氏が企画・構成・総合演出を手掛ける舞台の海外公演も初めて。

初演は06年。今年10年目を迎えるが、海外公演は滝沢の念願だった。「ジャニーズのエンターテインメントを海外にどんどん発信していけるようにしたい」。演出も担当しており、会場の下見も済ませた。テーマは「日本の四季を肌で感じられるもの」。人工降雪機の使用や小判を降らせるなどのアイデアの具体化を進めており、フライングや衣装の早替えなどジャニーズのお家芸も盛り込む予定。

セリフは英語中心で英語詞の新曲も準備する予定。「不得意だけど頑張って勉強します」。ジャニー氏も「確実に成功すると思う」と話した。共演者は未定。

東京・新橋演舞場4、5月公演(4月8日開幕)にHey!Say!JUMP薮宏太(25)とKis-My-Ft2北山宏光(29)が出演することも発表された。薮は06、07年、北山は06年から4年連続で出演している。滝沢は「体力面でも覚悟して」とハッパを掛けていた。

 

One Response to ““Takizawa Kabuki” first overseas show to be staged in Singapore!”

  1. fumeiFU says:

    I want to go to singapore to watch “takizawa kabuki” ,How to buy the tickets,please?

Leave a Reply

Donate to Takki.us

Affliliates

Most Popular Posts