Takizawa Kabuki – Newspapers 2011.04.13

Here are some articles from this morning’s newspapers.

From Sports Hochi:

タッキー「岩手回りたい」…大河「義経」思い出のロケ地

8日から東京・日比谷の日生劇場で座長公演「滝沢歌舞伎」を上演しているタッキー&翼の滝沢秀明(29)が12日、同劇場で会見した。東日本大震災の余震が相次ぐ中、安全対策を行って舞台に臨んでいる滝沢は「今は後ろに下がらず、被災者の方を元気づけたい」。05年に主演したNHK大河ドラマ「義経」のロケで訪れた岩手などの被災地を訪問するプランを明かした。

11日も公演直前の午後5時16分ごろ、強い余震(東京23区で震度4)で開演が約15分遅れるなど、常に地震の恐怖にさらされる中、滝沢歌舞伎が6年目を迎えた。

「(東日本大震災が起きた)3月11日はちょうど稽古中で、10日間くらいストップしました。やるべきか悩みましたが、僕らより大変な被災者の方のためにも続けようと思いました」。フライングなど演出面の大幅な変更はないが、使用電力を昨年から20%減少。さらに、緊急地震速報を出演者に知らせるスタッフを舞台の両サイドに待機させている。「お客様の安全を確認して演じてますが、余震には正直、敏感になってます。しかし、僕らが後ろに下がらず、自信を持ってステージに立つことが大事なのでは」。座長らしく毅然とした口調で前を向いた。

今年は2幕構成で、1幕では10人の歴史上の人物に早変わり。2幕では昨年に続いて平将門の波乱の生涯を演じるが「見どころ? そんなものはどうでもいい。まずは、お客様とふれあうことが大事だと思う」と、きっぱり。全公演完売ながら、地震の影響とみられる空席も目に入るというが「遠く離れていてもありがとうを伝えたい」と呼び掛けた。

5月8日の千秋楽を終えた後は被災地訪問も計画している。特に岩手県は「義経」のロケで何度も訪れた思い入れの深い土地。所属のジャニーズ事務所が提供した電源車2台が今も同県の大船渡市で活躍中だが「やっぱり心配だし、いろんな所に行ってみなさんの顔を見たい。被災地もかなり範囲が広いが、時間の許す限り回りたい」と義経の故郷へ思いをはせた。

◆舞台立つことに意味 〇…1幕では「乱十役」と題し、源頼朝、牛若丸(義経)、弁慶、明智光秀、織田信長、沖田総司、芹沢鴨、天草四郎、白鷺の化身、大石内蔵助へ次々と早変わり。2幕は昨年に続き将門の生涯を演じるが「テーマが重いのでやるか迷ったが、内容よりもステージに立つことに意味があると思った」。5月には昨年と同じ「こどもの日」企画も用意している。

From Sponichi:

タッキー舞台“節電仕様”もスケールアップ

東京都千代田区の日生劇場で上演中の「滝沢歌舞伎2011」(今月8日開幕)に主演している滝沢秀明(29)が12日、同劇場で会見した。東日本大震災の余震が続いており、舞台袖に緊急地震速報が発せられた際に対応するスタッフを配置。「幕を上げる前に、もう一度安全確認をしています」と話した。

同劇場では2年連続、2度目の公演。20%節電するため、照度や使用する映像の明るさを抑えているが、作品のスケールは前年よりアップ。第1部では源義経、織田信長、天草四郎、大石内蔵助など歴史上の人物10人の早変わりを披露。約15分間の“タッキー10変化”に連日、客席はため息。「いろいろ仕掛けがあるんですが、僕も分からないほど」と笑った。

義経は、2005年のNHK大河ドラマ「義経」で演じた役。同作の撮影では震災で被害を受けた岩手県平泉町の中尊寺などを訪れており、「時機を見て足を運べれば」と慰問の意向も示した。

第2部では、平安時代の豪族・平将門に扮するなど、全体を通し「日本」を意識した演出。「昔も災害はあったと思う。でもいま、すばらしい日本がある。必ず復興できる。僕たちはずっと一緒にいます」と被災者へメッセージを送った。

From Nikkan Sports:

節電タッキー15分で十変化

滝沢秀明(29)が12日、主演舞台「滝沢歌舞伎2011」(東京・日生劇場)の会見を日生劇場で行った。同舞台は8日に開幕。06年から東京・新橋演舞場で毎年開催してきた「滝沢演舞城」を昨年から場所、名前を変えて上演。昨年に続き、歌舞伎色を濃くした「滝沢歌舞伎」として上演する。

今年初披露された演目は「『乱』十役」。時代を超え、歴史上のヒーローを中心に変身していく。タッキーの十変化が行われるのは約15分。「本能寺の変」など5つのエピソードを描きストーリー性を盛り込みながら、スピード感あふれる早替えに挑戦している。

From Sanspo:

タッキー13分で十変化!被災地にエール

タッキー&翼の滝沢秀明(29)が12日、東京・有楽町の日生劇場で上演中の主演舞台「滝沢歌舞伎」(演出・滝沢秀明、5月8日まで)の昼公演後に会見した。
わずか13分の間に、源義経や織田信長ら10役を早替わりで演じる意欲作。前身の「滝沢演舞城」を含めると6年連続の上演になるが、「今年はステージに立つこと自体に意味がある。被災地にエールを送りたい」と東日本大震災への思いは強い。
通常の20%減の節電を行い、余震に備え、スタッフを常時舞台袖に待機させるなど安全面に配慮している。05年のNHK大河ドラマ「義経」では岩手県内でロケをしており、「状況をみて(個人的に)ぜひ行きたい」と語っていた。

Images and perhaps some WS clips will come later as I’ve to prepare for my first day of work now. Ganbarimasu!!!

Update – 9.29pm:
Found these images from Y!A Japan. There’s quite a lot of coverage this time ne~ :)

WS clips up next…

One thought on “Takizawa Kabuki – Newspapers 2011.04.13

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.